たった1行の言葉で、お客さんの“買う気”になる!

たった1行の言葉で、気にも留めていなかった商品を欲しくて欲しくてたまらなくさせる。

たった1行の言葉で、低迷していた商品を100倍売る。

たった1行の言葉で、プレゼン連戦連勝!

たった1行の言葉で、廃版の本が、大ベストセラーに!

 

まだまだあります。

まだまだありますが、要は、

キチンと設計された1行

には、ビジネスを劇的に飛躍させるチカラがあるんです。奇蹟を起こせる!

 

先ずは、そこを信じて下さい。

 

例えば、こんな実話があります。

九州に、ある工務店があります。

今の社長は2代目で、先代の時代から地道に、地域に密着した活動を行い、地道に業績を保ってきました。

が、なかなか大きく化けることができない、言ってみれば頭打ちです。

で、2代目は考えました。何か起死回生の一手を打ちたいと・・・。


ですが、大きな宣伝広告費を使えるような予算もないし、チラシをどれだけ撒いても、成果は出ません。

そこで目を付けたのが、キャッチコピーです。

彼の会社には、先代時代から続く、キャッチコピーがあります。


“家造り30年 ○○工務店。”


と言う、いささか平凡な、正直、インパクトに欠けるフレーズです。

そこで2代目はそのキャッチコピーを、地域の見込み客へのメッセージにしよう!と考えました。

そして試行錯誤の上、自分が一番拘っている空間作りを訴えていこうと決めました。


そうして生まれてきたのが、

と言うフレーズでした。


社名しか書かれていなかった看板も、このフレーズに変更しました。

折り込みにもこのフレーズをメインで差し込むようにしました。社員の名刺にもこのフレーズを大きく載せました。


しばらくすると、看板を見た地元の人から問い合わせが来るようになりました。

名刺を渡した見込み客から営業の、スタッフに頻繁に電話が入るようになりました。

何よりもチラシの反応が3倍以上になりました。

しかも、見積もりだけを欲しがるいわゆる冷やかし客では無く、

本気で家を考えたい、失敗を絶対にしたくないお客さんが多く押し寄せてくれました。


お客さんの気持ちが、2代目の気持ちとシンクロしたんですね。

このワンフレーズを加えただけで、変更初年度、売り上げは2倍に、利益は3倍以上に向上しました。

2代目は言います。


「たかが言葉だと思っていましたが、今は、言葉様々ですよ。これからももっともっとインパクトのある言葉を考えて、地域のお客さん達に訴えかけて行こうと思います。」


と。

 

さて、どうですか?

もし今、あなたがビジネスをもっともっと飛躍させたいと願うなら、この2代目のように、一気に加速をつけたいと思うなら・・・

 

ぜひ、1行の創り方を身につけて欲しいんです。

言葉って不思議だな~、いつもそう思います。

だって、考えてもみて下さい。

 

『言葉を生み出すのって、一円もかからないんです!』

 

そう、やり方さえ覚えれば、原価ゼロ、仕入れゼロで創る事が出来ます。

 

その1行を名刺に足すだけで、ジャンジャン仕事をゲットすることはもちろん可能ですし、商品名を変えただけで売り上げが何倍にも増えたケースは、フレッシュライフ→通勤快足の例に見るまでも無く、山のように実例があります。

 

1行POPを商品の横に置いただけで売り上げが何倍にもなったケースは死ぬほどありますし、会社名の横に、1行メッセージを添えただけで、業績がV字回復したと言う例も沢山あります。

 

そう、言葉って、一番お金をかけずに、一番の成果を上げる事が出来る、

“魔法の道具”

なんですよ。

 

僕はこれまで、広告のコピーとか、販促用の言葉、商品名、本のタイトルなど、魔法の1行を沢山生み出してきました。

 

で、そのやり方を沢山の人に教えてもきました。

 

僕がお教えした方々は、例外なく売れる、魔法の1行を生み出すことが出来るようになります。

 

が、独学で学んだ人の多くは、売れる1行、魔法の1行が作れていません。

さて、この違いはなんでしょうか?

売れる1行と、売れない1行の違いを生むポイントって、一体なんでしょうか?

 

それは・・・・

 


共振です。

 

 

この、共振が起こらないと、いくら言葉をいじってもムダ。

 

いくら、テクニックばかりを身につけても意味が無いんです。

 

 

そう、共振が命です。

 

では、どうすれば、その、共振させる言葉が身につくのでしょうか?

 

意識しなくても、ある意味、無意識で出来るようになるのでしょうか?

 

この共振、実は、見事に応用が利き、しかも幅広い使い方が出来ます。

 

一度身につけると、あらゆる場面に応用できます。

ありとあらゆる商品やサービスに適用が可能なんです。

最強なんですよ。

 

でもね・・・・・

これ、誰も教える人がいません。

コピーライティングの本を読んでも、書いてありません。

 

これほど大事な事なのに、どこにも書かれていない。

 

だからこそ、誰かが教えなきゃ!

そう思って、僕がやることにしました。

 

 

教科書の概要


① まずは、名作に学ぼう!

② 売れる1行の構造。

③ 共振は何故起こるか?

④ 共振ワードの見つけ方。

⑤ 共振を用いた、売れる1行の創り方。

 

 *音声動画でお届けします。

僕の本籍地とも言える、キャッチコピーのノウハウです。

高額な設定をしても当然です。

 

が、最初の方でも話した通り、せっかく考えたキャッチコピーなのに、効果が出せていないと言う人、多いです。それでは、いくら商品やサービスが良くても何にもなりません。

だから・・・

みんなにうまく行って欲しくって・・・・

24,800円の価格にしました。

 

が、それでも負担に感じる方はいるでしょう。

 

そこで、もう一声!

清水の舞台に飛び降りたつもりで・・・・

14,800円の価格にしました。

この教科書の中身

  たった一行で自動的に選ばれてしまう『共振ライティング』
Available in days
days 登録後

この教科書の購入はこちらから

¥14,800

税込価格